ジェントルレーズプロ

ジェントルレーズプロ

脱毛初心者にオススメ。特に24mm径採用のクリニックを選びましょう

医療脱毛のゴールドスタンダードと呼ばれています。

ジェントルレーズプロとはどのような機械ですか?

発売元:アメリカのキャンデラ社
発売年月日:平成28年12月15日薬事承認(初代ジェントルレーズは1999年2月に発売)
価格:約800万
オプション24mm約100万

ジェントルシリーズはルミナス社のライトシェアの次に歴史が深い機械です。
日本では営業実績が長く、抜群の知名度があります。現在もアレキサンドライトレーザーのシェアは圧倒的で日本では一番有名なレーザー会社です。
ジェントルシリーズも徐々に進化を遂げ、現在はジェントルレーズプロ、ジェントルヤグプロ、ジェントルマックスプロのラインナップとなっています。

ジェントルレーズプロ・ジェントルヤグプロ・ジェントルマックスプロの違いは?

カツ子によく頂く質問に、この3つのレーザーの違いがあります。
①ジェントルレーズプロ=アレキサンドライトレーザー=755nm波長のレーザー
②ジェントルヤグプロ=ヤグレーザー=1064nm波長のレーザー
③ジェントルマックスプロ=755nmと1064nm波長のレーザー(755nmの波長しか出ないものもあります)

これらの機械全てにオプションで24mmサイズのスポット径が搭載可能です。
基本的にはジェントルレーズプロだけあればほとんど問題なく脱毛できるのですが、完全ツルツルを目指す方や硬毛化が心配な方にとってはジェントルマックスプロ・ジェントルヤグプロの1064nmの波長はあった方が良いでしょう。

カツ子が良く言う24mmとは何か?

先ほども言ったように、ジェントルレーズプロは照射面積をオプションで広げることが出来ます。
この18mmから24mmへの変化の差は小さく見えますが、物凄くでかいのです。
違い①効果が高くなる。→減毛率は上がり、硬毛化にも有効です。
違い②施術時間が短くなる。→痛みを感じる時間も減る、時間を有意義に使える、ベッドに寝ている時間は苦痛です。。

ジェントルレーズプロはどんな人に向いているの?

日本人の脱毛初心者に特に向いています。
カツ子的にはアレキサンドライト、ダイオード、ヤグの全てで脱毛をやりましたが、アレキの抜けが一番良かったです。
周りの友人をみても、アレキの方が抜けが良いです。
特に、24mm径搭載のジェントルレーズプロの脱毛効果は高かったです。
上級者、硬毛化した人はジェントルマックスプロ・ジェントルヤグプロに進んでください。

各スポット径に対する出力範囲は?

18mm 6〜20J
20mm 5〜16J
22mm 4〜13J
24mm 3〜11J

換算表

スポットサイズによる進達度の違い

スポット径による深達度の違い (755nm 1064nm)
スポット径が大きいほど焦点距離が伸びて進達度も高くなるね。

理想的なジェントルレーズプロ24mmの使い方は?

カツ子がオススメの出力を参考程度に書いてみます。
2~3ヶ月毎に定期的に通うとほぼ全ての毛に脱毛チャンスが来ます。
なので、完全ツルツルを目指す方は通う頻度は2~3ヶ月で統一することをオススメします。
ある程度減ればいいやって方は太い毛が生えてる時に脱毛するとそいつが脱毛されるので、2~6ヶ月に1回でもいいかもしれません。
初回7〜8Jでスタートが望ましいです。
2回目は7~9J
3回目は8~9J
4回目は8~9J
5回目は8~10J
6回目は9~10J
7回目は9~10J
8回目は9~11J

ジェントルレーズプロのスペックは?

特徴は下に書き出してあります。

仕様
レーザタイプ フラッシュランプ励起式アレキサンドライトレーザ
波長 755±5nm
パルス幅 0.25~100msec
スポットサイズ 6~24mm(20~24mmはオプション品)
冷却方式 ダイナミッククーリングデバイス(DCD)
フルエンス 最大150J/cm2
導光方式 レンズ結合型光ファイバー方式
繰り返し周波数 最大10Hz
ダイナミッククーリングデバイス(DCD) 【寒剤の種類】1, 1, 1, 2~テトラフルオロエタン
【スプレー時間設定範囲】10~100msec
【ディレイ時間設定範囲】10~100msec
保護メガネ >OD5.8(波長755nm)
一般仕様
一般的名称 アレキサンドライトレーザ
重量 114kg
寸法 幅46cm×奥行69cm×高さ107cm
電源 【電圧】単相200V
【周波数】50/60Hz
【電流】23A
標準付属品・セット内容 ハンドピース, ディスタンスゲージ, フットスイッチ
JMDNコード 70631000
クラス分類 クラスIII
特定保守 該当
設置管理 該当
承認番号 22800BZX00446000

特徴
①深達性に優れた波長755nm。メラニンへの吸光度と酸化ヘモグロビンへの吸光度の差が一番大きい。
②オプションで6mmから24mmまでスポットサイズが変えられる。24mmを使用すれば効果と安全性が高まる
③可変式のパルス幅。パルス幅が0,25〜100msとなり、患者さんの肌質や毛質に合わせた設定での効果的な脱毛が可能。
④優れた皮膚冷却機能。ダイナミッククーリングデバイス(DCD)はカリフォルニア大学アーバイン校にて研究開発された優れた皮膚冷却システムであり、GentleLase Proに内蔵させることで、レーザーパルスに同期し、レーザー照射直前に-26度の寒剤を吹き付けけて表皮を保護します。
⑤国内で初めて厚生労働省の薬事承認を取得。

ジェントルレーズプロの画面のどこを見れば出力がわかりますか?

皆様から多く寄せられる質問にお答えします。
自分の身は自分で守るかのごとく、自分で出力を確認できる力がつけば良いですね。
さて、画像に書いていきますね。
ジェントルレーズプロ画面説明
注目すべきは「出力」「とスポットサイズ」ですね。
この画像では出力が12となっているので12Jということですね。
そしてスポットサイズは15mmが点灯しているので、15mmを使用中であるということです。

一番でかい数字が出力。左下がスポットサイズ。

24mm径採用クリニックはどこ?

確実にジェントルシリーズの24mmを希望するならレナトゥスクリニックです。

カツ子へ質問したい方はこちらからどうぞ

質問箱

関連記事

  1. ベクタス

  2. ライトシェア デュエット

    ライトシェア デュエット

  3. エリートプラス

  4. ランキング

    脱毛機器👑RANKING

  5. ジェントルマックスプロ