Q:情熱(ゴリラパッション)はあるか?

A:いますぐしよう、脱ゴリラ宣言!!(ゴリラは可愛いけどね)

ゴリラor DIE??

何事も情熱がなければ続かない

脱毛すると決めたなら、そのことに情熱を燃やさないとダメです。
何事も「最後までやり遂げるぞ」という決意がなければ満足のいく結果はついてこないものです。

ゴリパがない人は剃毛すら出来ない

まずは、自分で丁寧に全身の毛を剃り落としてごらんなさい。
しっかり目視して、数本でも数ミリでも残さないようやってみるべし。

ちゃんとやりましたか?
じゃあ、ほら、感想を言ってみて?

…ね、大変でしょ?

ご存知かと思うのですが、脱毛のクリニックはレーザーを当てるのが仕事です。
中には「剃毛してくれないクリニックはクソだ」「剃毛してくれないところは信用できない」みたいに
こき下ろす奴も中にはいますけど、剃毛に時間かけてたら商売上がったりなわけで。
「どうせ無料だから」と一切自分で剃毛せず行くと、剃毛料無料のクリニックだって、

え、まじか…ちょっとも剃ってこないんだ…」

って思ってますよ。

「無くしたいんだろう???やる気を見せてくれよお!!!」と。

ゴリパがある人にはクリニックも本気で対応してくれる

逆に

「できる限り剃ってはみたんですけど、剃り残しがあったらすみません…」

なんて言われたらきっと喜んでやってくれるでしょう。人間なんてそんなものです。

やる気見せてくれたらスタッフさんも
「毛を駆逐してやるうーーー!」という情熱で返してくれることでしょう。

ゴリパがない人の特徴

ここからは完全なるカツ子の偏見ですけどね、
ムダ毛もろくに剃れない人は、
肌はガサガサだし、コンスタントに脱毛に通うこともできないでしょう。
加えて遅刻もすると思います。
夏なら肘下やうなじはうっすら日焼けしてると思います。
なんなら爪もムダに伸びてたりして、
さらには、お世辞にもスタイルは良くないでしょう。

つまり…そういうことです。

ゴリパ全開で脱毛しよう!

お金を払ったから他人に全部丸投げしてOKなのではなく、
その体、その肌で今後も生きていくのは他の誰でもない自分なのだから、
もっと関心を持って、きれいに気持ちよく脱毛を終えましょう。

ゴリパがあればなんでもできる!
  • コメント: 0

関連記事

  1. お金より大事なこと

    Q:脱毛でお金より重視すべきことは何ですか?

  2. Q:なぜ脱毛中は日焼けに気をつけなければいけないのですか?

  3. Q:なんで剃毛料がかかるのでしょうか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。