Q:ニキビは照射しても良いですか?

顔の脱毛がしたいけど、ニキビがあるから脱毛できないんじゃないかって踏みとどまってない?

A:照射できるかどうかは「爆発しそうか」「赤味がどのくらいか」による。

今まさに炎症中でなければ問題なし!むしろ、脱毛することが改善した症例もある!

なぜ、ニキビだと脱毛してくれないクリニックがあるのか?

ニキビは肌トラブルの1つです。
医療脱毛は肌に刺激を与える行為です。ニキビに刺激を与えるとどうなりますか??
ニキビを手でいじると悪化しませんか?
そう、刺激を与えると皮脂腺が活発になるのか悪化するニキビもあるのです。
クリニックは脱毛によるトラブルを避けたいので、触らぬ神に祟りなしということで、ニキビに照射しないクリニックも存在します。

実際ニキビに脱毛レーザーを当てるとどうなる??

化膿したニキビ、そう、今にも弾けんばかりのニキビにレーザーを当てたことがある人はわかると思います。
「爆発する」のです。
ニキビが爆発するとどうなるのか?
施術中のナースの口に入ったりw、ディスタンスゲージに汚い液が付くことになりますね。
不衛生です。

こんなニキビは嫌だ

ですから、照射できるのは「爆発しそうもないニキビ」になります。

また、今まさに炎症中みたい真っ赤な状態のものは避けます。
それが1こ2こなら避けて他を照射するかもしれませんが、
顔全体にあるようなら照射は諦めてください。
あまりにひどい炎症を起こしていると、良くなるかもしれませんが、増悪のリスクもある以上できません。

ですから、照射できるのは「ある程度の炎症までのニキビ」になります。
ここは、ドクターの判断にもよることになります。

医療脱毛がもたらすニキビへのメリット

医療脱毛はニキビにとって良いというのはある程度コンセンサスが得られています。
なぜ良いのか、そのエビデンスは明確にはありませんが、予測はできます。
①熱エネルギーがアクネ菌をやっつける
②毛が無くなること自体がニキビにとって良い。(皮脂腺の活動低下、炎症発生母地の減少による過角化防止)

脱毛すると毛が無くなることで毛穴が引き締まり、
皮脂の過剰分泌を防いでくれるので、ニキビができにくくなります。

サリチル酸ピーリングとの相性は抜群

ここで一つ、知識として知っておくとよい事は、サリチル酸ピーリングです。
ピーリングする事によりニキビ自体の改善も見込まれますし、レーザー光の散乱防止効果もあるのでより脱毛も効率的に行えます。
ニキビができやすくて悩んでいる方はぜひサリチル酸ピーリングと医療脱毛をしてみてください。

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 毛孔性苔癬

    Q:二の腕のボツボツが、、、サメ肌(毛孔性苔癬)は脱毛で良くなりますか?

  2. Q:いちご鼻におすすめの施術は?

  3. Q:アトピー性皮膚炎だと脱毛できませんか?

  4. Q:アトピー持ちの黒ゴリラフルコンボでも脱毛できますか?

  5. ワキの黒ずみ

    Q:脇の黒ずみがひどいのですが、照射を断られますか?どうしたら良くなりますか?

  6. Q:ニキビが多いからという理由で脱毛は熱破壊式ではなく蓄熱式を勧められました。蓄熱でやるべきですか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。