Q:いちご鼻におすすめの施術は?

みんなの頭を悩ませるイチゴ鼻。何をやったらきれいになるの〜?

A:ちゃんとした医療脱毛・ピーリング・マイクロボトックス

イチゴ鼻も医療脱毛の恩恵にあやかろう

いちご鼻の原因と対策を知ろう

一般的にいちご鼻と呼ばれているものは毛穴に皮脂や古い角質が詰まってそれらが酸化することによって黒くなっていちごの種のように見えています。
例えるなら、床に落ちたパンが隙間に挟まって取れなくなったからほっといたら気付いたら黒くなってた感じですねw
改善するには
①皮脂が出過ぎないようにすること
②皮脂が詰まらないようにすること
が必要になります。

解決法①皮脂が出過ぎないようにする

①脂っこい食事を意識的に辞める。
単純に脂っこい食事ばかり食べていたら皮脂が出まくりますよ。
プロテインを中心とした食事に切り替えて、美肌を目指しましょう!
ちなみに糖質を摂り過ぎちゃうと「糖化」と言うお肌に悪い現象が起こります。

②洗顔のし過ぎなどの肌の擦り過ぎを辞める。
洗顔のし過ぎや肌の擦り過ぎによって肌の皮脂量が減りすぎると、逆に皮脂を出そうと皮脂腺が頑張ることがあります。
皮脂腺が頑張るとニキビの原因である皮脂の過分泌に繋がります。
ですから、「肌の皮脂は適度にある方が良い」と言う事実を受け止め、落とし過ぎないように気を付けましょう。

③鼻の毛を無くす。
これは医療脱毛一択です。毛が細くメラニン量も少ないので、強力な脱毛機を使用しましょう。
毛がないので、皮脂腺の活動も低下していきます。結果的に皮脂が出過ぎないようになります。

④マイクロボトックス
マイクロボトックスって知ってますか?
皮膚の表層にボトックスを注入していく方法です。
機序としては、皮脂腺やアポクリン腺などの腺組織の活動を低下させます。
当然、皮脂が出過ぎないようになります。

解決法②皮脂が詰まらないようにする

一番良いのは、定期的にピーリングをしたら良いでしょう。
脱毛の時に一緒にしてしまうと楽です。ホームケアでピーリングしちゃうと、大体やり過ぎちゃって肝斑出るまでやっちゃうので辞めた方が無難です。
日常的には保湿をしてあげると良いです。肌のターンオーバーが正常化しやすくなります。

それに加えてビタミンC誘導体は皮脂の酸化を防いでくれる働きがあるので、塗ると多少良いのかもしれません。

あとは、医療脱毛することも毛穴自体が小さくなり、皮脂腺の活動も低下しているので、皮脂が詰まりにくい環境を作れます。

医療脱毛はどちらの解決法にも良い!

お読みになってくれた皆様ならお分かり頂けると思いますが、医療脱毛はやはり最強ということです。
医療脱毛、やりたくなりませんか??

医療脱毛は、さらに毛自体で黒く見える人にも効果がある

もうひとつ鼻が黒く見える原因があります。
これは毛深い人に多いですが、鼻に毛が生えていることです。
簡単です。医療脱毛すれば良いのです。

結論

とりあえずは医療脱毛しましょう。
間違いなく良い方向にいきます。ただし、脱毛機はしっかりと選びましょう。
良い脱毛機で脱毛した前提でのお話です。

関連記事

  1. Q:アトピー持ちの黒ゴリラフルコンボでも脱毛できますか?

  2. Q:ニキビが多いからという理由で脱毛は熱破壊式ではなく蓄熱式を勧められました。蓄熱でやるべきですか?

  3. ワキの黒ずみ

    Q:脇の黒ずみがひどいのですが、照射を断られますか?どうしたら良くなりますか?

  4. Q:アトピー性皮膚炎だと脱毛できませんか?

  5. Q:ニキビは照射しても良いですか?

  6. 毛孔性苔癬

    Q:二の腕のボツボツが、、、サメ肌(毛孔性苔癬)は脱毛で良くなりますか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。